パルシステム vs. おうちコープの違いを比較

パルシステム」と「おうちコープ」。神奈川、山梨、静岡にお住まいであれば加入できる2つの生協宅配はどちらに加入すべきなのでしょうか?

2つの生協宅配の違いを「食材の安全性」「商品の安さ」「配達手数料」「会員数」などの観点から比較します。

▼パルシステム公式サイト▼
▼おうちコープ公式サイト▼

 食材の安全性・おいしさならパルシステム

食材の安心・安全では圧倒的にパルシステムに軍配があがります。

原材料・産地表示
パルシステムのカタログでは、ほとんどの青果の生産農園名/生産者名を表示しているのに対し、おうちコープは都道府県名の表示にとどまる食材が多いです。生産者が明らかになるメリットは、牽制が効くということ。いい加減なことはできないため安心感があります。

国産へのこだわり
パルシステムが、加工品であっても原材料の国産・国内加工にこだわるのに対し、おうちコープの加工品には、原材料が外国産・外国加工のものが多いです。もちろん、外国産だから「すべてダメ」ではないのですが、何年か前の中国の毒入り餃子事件を考えるに、できるだけ目の届く国産材料・国内加工の方が安心できるのは言うまでもないでしょう。

減農薬・添加物の少ない食材へこだわり
パルシステムもおうちコープも、減農薬野菜、添加物の少ない食材を販売していますが、減農薬野菜、添加物の少ない食材へのこだわりと言う点では、パルシステムが優位です。おうちコープは、スーパーとの価格競争(?)もあって、スーパーと同じような食材を販売していますが、パルシステムは品質面で独自基準クリアした食材だけを販売することにこだわっています。

食材のおいしさ
食材の味・おいしさは断然パルシステムです。特に、たまご、お肉、ウィインナーソーセージ、お豆腐、お米などはパルシステムの方が格段においしいです。農薬基準の厳しさ、防腐剤、化学調味料を使わない加工食品へのこだわりがパルシステムの食材のおいしさを支えているのです。


 価格ならおうちコープ

国産・産直・減農薬など...同等レベルの食材であればパルシステムもおうちコープも価格に大差はありません。ただ、おうちコープでは、スーパーで売っているような、外国産のお肉や加工食品、青果も多く販売されているため、平均するとおうちコープの価格の方が安いです。


 配達手数料ならおうちコープ

気になる配送手数料はおうちコープの方が安いです。

個別宅配手数料
パルシステムの手数料は1回(1週)当たり189円~210円(県により違います)なのに対し、おうちコープは105円と約半額です。個別宅配手数料は、どちらの生協も2人で共同配達とすれば半額、3人以上のグループで共同配達とすれば無料になります。なお、どちらの宅配も、この手数料は配達のない週でも支払う必要があります。

赤ちゃん割引制度
妊娠~出産~赤ちゃん育て中のご家庭に対しての手数料割引制度は、おうちコープの方が家計に優しいです。パルシステムの赤ちゃん割引制度は、手数料の無料期間が、神奈川、静岡で「母子手帳取得・申請受理~1歳までの全期間」、山梨では同期間のうちの4ケ月間なのに対し、おうちコープの場合は、「母子手帳取得・申請受理~1歳までの全期間」が無料、「1歳~3歳までの全期間」が半額となります。

子供が1歳~3歳までの間というのは、歩き始めちょろちょろ動きまわる時期のため、大人しくベビーカーに乗ってくれる1歳までよりも落ち着いて買い物ができない期間です。その期間の手数料が半額になるのは、うれしいサービスですね。


 会員数ならおうちコープ

おうちコープの宅配エリア、神奈川・静岡・山梨3県だけで比較すると、おうちコープの会員数46万人に対し、パルシステムの会員数は約31万人です。現時点では、やや、おうちコープの会員数が多いということになります。ただ、ここ数年の会員数の増加率ではパルシステムの方が上回っているという事実もあります。


 カタログ・商品点数は互角

パルシステムのカタログは、「小さい子供がいる家庭」「育ち盛りの子どもがいる家庭」「大人だけの家庭」など、それぞれの家庭の暮らしに合わせたものを選ぶようになっているため、「使いやすい」と評判です。ただ、暮らしに合わせて不要なものを除いているため、商品点数ではパルシステムよりもおうちコープの方が多いです。また、おうちコープは、生協らしい安全・品質にこだわった商品以外に市販されている安い商品もカタログに含んでいることも、商品点数が多くなる理由です。どちらが優れているか、それは好み次第ですね。


 結論 食材はパルシステム、安いのはおうちコープ

パルシステムとおうちコープ、どちらが一方的に優れているということではありませんが、特徴をまとめると、食材の安全・安心・おいしさを重要視するならパルシステム、価格・家計への優しさを重視するならおうちコープということになるでしょう。

パルシステムのおうちコープ、どちらも実際の詳しい資料を無料で取り寄せることができますので、気になる疑問点をご自身の目で確認されることをおすすめします。今なら両生協とも資料請求するだけでサンプル品を送付してくれますので、実際の商品を確認することもできます。

▼パルシステム無料資料請求▼
▼おうちコープ無料資料請求▼
関連記事
  1. パルシステム vs. コープデリの違いを比較
    人気の生協の宅配「パルシステム」と「コープデリ」の違いを比較します。東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県ではパルシステムとコープデリ、どちらの会員になることも可能です。
  2. パルシステム vs. おうちコープの違いを比較
    人気の生協の宅配「パルシステム」と「おうちコープ」の違いを比較します。神奈川県(横浜市・川崎市他)、静岡県、山梨県ではパルシステムとおうちコープ、どちらの会員になることも可能です。
  3. 生協とコープ(COOP)の違い
    生協とコープ、COOP、CO-OPの違いは何なのか、明快に解説します。

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ feed